チェコ共和国のETIASビザ免除

現在、ヨーロッパ以外の国の人でも、多くの人がビザなしでヨーロッパを訪問しています。しかし、2021年には、この規則が変更されます。ヨーロッパ以外の国からチェコ共和国に渡航するには、チェコ共和国でも使われるETIAS渡航認証が必要になります。

欧州渡航情報認証制度(ETIAS)は、シェンゲン圏の境界を強化することを意図して作られたビザ免除制度です。チェコ共和国やシェンゲン圏の他の国に入国・滞在したいヨーロッパ以外からの渡航者に対して、その人たちの記録を保管します。

ETIASでは、チェコ共和国に渡航する前にすべての申請者がスクリーニングにかけられます。一度承認されれば、シェンゲン圏内を連続90日まで自由に行き来できます。

これは、以前使われていたシステムとよく似ていますが、これでさらに安全対策が追加されることになります。シェンゲン圏内のすべての国でこれと同じシステムが使われるので、きちんと覚えておいてください。

チェコ共和国・欧州連合・シェンゲン圏

チェコ共和国は、中央ヨーロッパの中心にあります。公用語はチェコ語で、使用されている通貨はチェコ・コルナです。政治的混乱が長く続いた後に、チェコスロバキアという国が1993年にチェコ共和国とチェコスロバキアに分割されました。

それ以来、この国では経済の改革が成功しています。この10年だけでも、チェコ共和国では、観光・雇用機会・経済成長などが伸びています。

1999年にはチェコ共和国が欧州連合に加盟し、2007年からはシェンゲン圏にも加盟しました。これで、チェコ共和国とシェンゲン加盟国との間では、国境検査を受けずに行き来することができるようになりました。

チェコ共和国に渡航する時ETIASが必要になるのは誰か?

チェコ共和国でも使われるETIASでは、チェコ共和国や他のシェンゲン加盟国に渡航したい全ての申請者をスクリーニングします。申請者が脅威を与える人ではないとみなされると、シェンゲン圏に連続90日まで滞在することができるようになります。

ETIASがあれば、観光・ビジネス・医療・乗り継ぎを目的にシェンゲン圏内の国に入国することができます。現時点では、60カ国以上の国の人に対して、ヨーロッパに渡航する際のETIAS申請が義務付けられる予定です。

システムが導入されると、ヨーロッパ以外の国の人は、チェコ共和国をはじめとするシェンゲン加盟国に渡航する前にETIASの申請をしなければならなくなります。現在ビザなしでヨーロッパに渡航できる人でも、2021年からはETIASが必要になります。

チェコ共和国のETIASビザ免除

チェコ共和国でも使われるETIASのパスポートおよび書類の要件

チェコ共和国でも使われるETIASの申請要件は、以下の通りです。

  • 有効なパスポート
    • パスポート番号
    • 発行日・有効期限
    • 国籍
    • 到着日から最低3ヶ月の有効期間が残っていること
  • 要約した病歴
  • 教育歴・職歴
  • 紛争地域への渡航経験(該当する場合)
  • 犯罪歴(該当する場合)
  • 国外退去・入国拒否になったことのある国(該当する場合)

家族に欧州連合加盟国の市民権を持つ人がいる場合には、関係を証明するもの、居住者カード、背景を示すその他詳細情報を提出しなければなりません。また、未成年が申請を行うには、保護者が必要です。

チェコ共和国でも使われるETIASの申請方法

ETIASの申請はすぐにできる簡単なもので、費用も安くなっています。インターネットを通じて、どこからでも申請することができます。近くの大使館や領事館の事前予約や長蛇の列で、時間が無駄になることはありません。

チェコ共和国でも使われるETIASの申請要件が満たされているなら、申請を始めましょう。およそ10分で終わるもので、すべてオンラインで行うことができます。申請を行うには、以下の質問に回答することになります。

  • バイオメトリック・パスポートの情報
    • 氏名
    • 出生時の姓(旧姓)
    • 生年月日
    • 出生地
    • 性別
  • 国籍・市民権
  • 現在の住所
  • Eメールアドレスや電話番号
  • ヨーロッパで最初に訪問する国の名前
  • クレジットカードまたはデビットカードによる申請手数料の支払い

チェコ共和国の観光情報

チェコ共和国でも使われるETIASが承認されば、渡航者はチェコ共和国のすべてを見て回ることができるようになります。世界的に有名なチェコビールもありますし、入念に作られたお城や豊かな歴史があることによって、渡航者は突然おとぎ話の中に入ってしまったような気持ちにもなるでしょう。

チェコ共和国の首都であるプラハには、プラハ城、カレル橋、そして9世紀まで遡ることのできる中世の旧市街があります。建築が大好きな人なら、赤い屋根・小さな石畳の道・屋根の上に伸びる尖塔などが素敵に写るでしょう。

チェスキー・クルムロフは中世に誕生した小さな町で、お城の他にも、趣のあるショップ、カフェ、レストランなどがあり、週末に訪れるには最高の場所です。くつろぎたい人には、カルロヴィ・ヴァリにあるリゾートや温泉やスパがピッタリでしょう。

ゆっくりしたペースでバケーションを楽しみたい人は、モラヴィアのぶどう畑やボヘミアン・スイスを抜けるハイキングコースなどを満喫することができるでしょう。

当社のウェブサイトを使用することにより、当社はクッキーポリシーに同意します。 ここをクリック,もっと知るには 同意する