ハンガリーのETIASビザ免除

欧州渡航認証制度ETIASは新しいビザ免除プログラムで、2021年から実施されます。つまり現在ビザなしで欧州を訪問できる日本人も、ハンガリーを含めすべてのシェンゲン圏の国への入国前に承認が必要となります。

ハンガリーのETIAS ビザの目的は、シェンゲン圏の国境を強化することです。

通常の渡航ビザと混同してはならないのが、ETIASはハンガリーを訪問する前に申請者全員を審査することです。

日本人訪問者がETIAS承認を得ると、最長90日間ハンガリーとシェンゲン圏を自由に移動することができます。

ハンガリーとシェンゲン圏

中央ヨーロッパにあるハンガリーは、トルコとローマ文化の影響を受けた内陸国です。公用語はハンガリー語、通貨はハンガリー・フォリントです。

しかし現在、ユーロ導入を計画しています。首都はブタペストで、ミネラルスパで人気です。

ハンガリーは2004年に欧州連合加盟国に、2007年にシェンゲン圏に加入しました。シェンゲン圏は26か国で構成されており、海外旅行者をひとつの管轄下に置くことを目的としています。

この地域に入国すると、厳しい国境または追加の入国審査なく移動することができます。シェンゲン圏の一部なので、ハンガリー ETIASを所持する日本人渡航者はハンガリーと他のどのシェンゲン諸国にも移動することが可能です。

日本人渡航者はハンガリーへの旅行にETIASが必要となります

ヨーロッパのシェンゲン圏全土を旅行する場合にETIA申請を必要とする国は、日本を含めて60か国以上あります。この中の多くは現在欧州入国にビザや免除は不要です。しかし、2021年初めに変更されます。

システムが実行されると、日本人は入国前にETIAS ハンガリーを申請しなければならなくなります。申請者が審査・承認されると、最長90日間ハンガリーとシェンゲン圏内を渡航することができるようになります。

ETIASは日本人が観光、ビジネス、医療、乗り継ぎのためにシェンゲン圏内の国々を訪問できるようにします。

ハンガリー etias

ハンガリー ETIASを申請できる方法は?

ETIAS申請の手続きは簡単で、家からアクセス可能です。そのため大使館や領事館に予約を取ったり、列に並んで待つ必要がありません。

ハンガリー ETIASの申請には、申請者はWiFiアクセスがあれば10分で終わります。以下の情報が必要になります:

  • 生体情報
    • 出生時の姓
    • 生年月日
    • 出生地
    • 性別
  • 国籍
  • 現住所
  • メールアドレス、電話番号
  • 訪問する最初のEU国名
  • 申請手数料のクレジットカード、デビットカード

ハンガリー ETIASのパスポートと必要書類は?

スムーズな申請手続きのために、下記でハンガリーのETIAS要件を確認しましょう:

  • 有効な日本のパスポート
    • 到着日から最低3か月の有効性
    • パスポート番号
    • 国籍
    • 発効日、有効期限日
  • 簡潔な病歴
  • 教育・職歴
  • 犯罪記録(該当する場合)
  • 以前訪問した戦争地域(あれば)
  • 追放または拒否されたことのある国(あれば)

EU市民の家族がいる人は関係証明、在留カード、その他背景詳細を提出しなければなりません。未成年者の申請書は保護者が記入する必要があります。

ハンガリーの渡航情報

最も人気がある首都ブダペストは建築の風景で溢れています。2つの地区に分かれていて、ブダは小高い丘にある地域で、旧市街、博物館、13世紀のマーチャーシュ教会があります。

ドナウ川の反対側には平坦なペスト地区があります。ここには国会議事堂やネオクラシックなオペラハウスなどのネオゴシックの建物の景色があります。ここにはユダヤ人街があり、博物館、記念碑、共同墓地に囲まれたドハーニ街シナゴーグが自慢です。

歴史と文化を観光した後には、2つのリラックス方法があります。有名な廃墟のバーでは、パーティ好きな人が新しいビールを試飲できる素敵な雰囲気を楽しめます。そして温泉もまたくつろぐのにすばらしい方法です。

ハンガリーで休暇をどんな風に過ごしても、その文化を楽しむ方法は山ほどあります。

当社のウェブサイトを使用することにより、当社はクッキーポリシーに同意します。 ここをクリック,もっと知るには 同意する