일본 관광객을위한 ETIAS

ヨーロッパ旅行の未来:日本国籍者のためのETIAS

現在、日本国籍者はビザを申請することなく、すべてのシェンゲン加盟国へ渡航することができます。日本人は、ヨーロッパ大陸へビザなしで渡航できる唯一の国籍ではありません。毎年60か国からの渡航者がビザを取得することなくシェンゲン圏を訪問することができます。

2016年11月、欧州連合(EU)は領域内の治安に関して懸念を示しました。多くのヨーロッパ諸国で起きたテロ攻撃を背景に、EUは領域の安全性を改善するため対策案を打ち出してきました。欧州渡航情報認証、通称ETIASは、シェンゲン圏の治安向上とEUの国境管理の強化することを目的として取り入れられ、2022年よりこの制度の導入が想定されています。

ETIASが開始される2022年以降、日本国籍者はシェンゲン加盟国へ渡航する前にETIASビザ免除を申請することが求められます。この渡航認証の申請手続きはすべてオンライン上で完了します。

日本国籍者のためのヨーロッパにおけるビザ

ヨーロッパ旅行のためのETIAS旅行認証は、旅行者の渡航歴とパスポート情報の収集に使用されます。また、ETIAS申請フォームを入力する際、申請者は現在使用中のメールアドレスの提示を求められます。ヨーロッパ渡航のためのETIASビザ免除申請には手数料がかかり、申請手順を完了するには手数料が支払い済みであることが条件となります。

ヨーロッパでの短期滞在を望む日本国籍者は、承認済みのETIASが必要となります。シェンゲン加盟国への渡航前に、有効な渡航認証を持っていることが求められます。ETIASの導入後は、ヨーロッパへ旅行する上での必須条件となります。

国際刑事警察機構(インターポール)や欧州刑事警察機構(ユーロポール)などのさまざまなデータベースと照合し、渡航認証システム による渡航者情報の確認が行われます。ETIASの自動プログラムを使用することにより、申請者の詳細情報が即座に審査されます。

ETIASビザ免除は申請後3年間、またはパスポートが期限切れになるまで有効となります。パスポートの有効期限がビザの有効期限より先に切れた場合、ヨーロッパを訪問するには再度新しいETIASビザ免除を取得する必要があります。

当社のウェブサイトを使用することにより、当社はクッキーポリシーに同意します。 ここをクリック,もっと知るには 同意する