家族旅行にぴったりなヨーロッパの行き先

家族旅行にぴったりなヨーロッパの行き先

小さい子どもを連れてヨーロッパで休暇を楽しみたい日本の人でも、ヨーロッパの中で子どもをどこに連れて行くのが良いのか、よく迷うようです。旅行の準備をしながら、魅力的なヨーロッパの都市をいくつか見つけなければなりません。

幸運なことに、ヨーロッパの国同士を行き来するのは簡単で、費用もそんなにかかりません。事前に予約していれば、なおさらです。できるだけ早く行きたい場所のリストを作って、必要な書類をそろえて、航空券を予約しましょう。

日本の人が欧州連合加盟国に渡航するのにビザは必要ありませんが、2022年からはETIASへの登録が必要になります

ヨーロッパに行くために必須となるこのビザ免除制度を使うと、日本のパスポートを持つ人がシェンゲン圏加盟国に入国し、最大90日までどの加盟国にも自由に滞在できるようになります。登録はすぐにできる簡単なもので、オンラインからわずか数分で完了することができます。

ヨーロッパで最も家族向きな旅行先は?

幼児と一緒に旅行するのに一番いい場所がどこか、または、家族連れにぴったりなヨーロッパの旅行先はどこかと考えているなら、ここにたどり着いたみなさんはラッキーです。家族の皆さんの好みや興味にぴったりな欧州連合加盟国はどこか、以下にある弊社の専門スタッフのまとめを参考にしてみてください。

お子様とのストレスフリーな休暇に備えるには、ぜひ最後までお読みください。

フランスでの家族旅行

パリのエッフェル塔やルーブル美術館は、フランスでぜひ観光したい場所に間違いありません。それだけに限らず、フランスの田舎を訪れたり、セーヌ川をクルージングしたり、プロヴァンスに広がるラベンダー畑を歩いたり、行ってみたい場所はたくさんあります。

家族でフランスに行って退屈することは、ほとんどあり得ません。この国には、お城、歴史的建造物、教会、美術館などがたくさんあるだけでなく、ヨーロッパでも随一の家族でも楽しめるビーチもあります。

また、クレープから始まり、数え切れないほどの種類があるチーズ、コッコーヴァン、風味豊かなオニオンスープ、シンプルなパン・オ・ショコラまで、フランス料理も必ず試してみると良いでしょうし、お子様も地元の料理が気に入ることでしょう。

子どもと一緒にイタリア旅行

イタリアは子どもと行くのに理想的な渡航先で、それには数え切れないほどの理由があります。イタリア料理が子どもにも大人にも好まれるというだけでなく、観光名所にも確実に行く価値があります。

イタリアには現代的都市があるだけでなく、ローマのコロッセオ、フィレンツェのシニョリーア広場、ベネチアの運河など、豊かな文化を持つ歴史的名所もあります。

自然が好きな人は、トスカーナやコモ湖などの美しい田舎に魅かれるでしょうし、太陽を浴びたい家族には、サルデーニャ島、カラブリア、アマルフィ海岸などの水晶のような透明な砂浜をきっと楽しんでいただけるでしょう。

子どもと一緒にスペインで休日を

スペインは家族で訪れるのにすばらしい国で、特に山間部の涼しい天気を楽しみたい人々や、カナリア諸島やバレアリス諸島の美しく温暖なビーチを楽しみたい人たちには、特に適しているでしょう。

大都市にもっと興味がある場合には、マドリッドやバルセロナがスペインでぜひ訪問したい場所 になるでしょう。この2つの都市は、高速鉄道や短距離の国内線フライトで結ばれています。どちらの都市にもアート、建築、博物館、子ども向けの公園などがたくさんあります。

スペイン南部に行くと、ムスリム勢力の侵略によって現在カトリックが主流のこの国に何が作られたのかをよく知ることができます。アルハンブラ宮殿は建設から何百年も経った今でも健在です。子どもたちがこの地域を訪れると、並存するイスラム的なアートや建築とカトリックのアートや建築が完ぺきな形で1つに融合したものを、直接体験することができます。

ヨーロッパでの家族旅行をどう計画するのか?

お子様が幼児でも中高生でも、子どもと一緒にヨーロッパへの旅行を計画するときには、多少の準備が必要で、以下の項目をきちんと確認しておきましょう。

  1. 家族全員が6ヶ月以上有効期間の残ったパスポートを持っていることを確認する。
  2. 一緒に旅行する家族全員が自分の個人情報とパスポート情報を使ってETIASビザ免除制度に申請していることを確認する。
  3. 上に書かれているヨーロッパでの家族旅行にオススメの目的地を1つまたは複数選ぶ。
  4. 滞在中に楽しみたいことや天気などを参考にして、最も適した日程がいつなのかを調べる。
  5. フライトを予約する。小さいお子様と一緒に旅行するときには、いつでも直行便を選ぶのが良いでしょう。
  6. 宿泊先を予約する。ヨーロッパの多くの都市には、ホテルがあるだけでなく、アパートや住宅や別荘などがレンタルできるなどの別の選択肢もあり、人数の多い家族にとってはその方が快適で予算的にも助かるかもしれません。
  7. 緊急時の医療費を心配しないで済むように、旅行保険の購入を検討する。
  8. その地域の交通手段を調べる。ヨーロッパをどのように回るのかがわからなくても、心配ありません。ヨーロッパのほとんどの都市には、優れた公共交通手段があります。ただし、車で移動したい場合には、特に混雑する時期には、事前に予約しておくと良いでしょう。

当社のウェブサイトを使用することにより、当社はクッキーポリシーに同意します。 ここをクリック,もっと知るには 同意する