ヨーロッパで最も人気な世界遺産

ヨーロッパで最も人気な世界遺産

ヨーロッパは世界で最も小さな大陸かもしれませんが、渡航者に幅広いランドスケープ・文化・歴史・伝統を提供しています。この大陸に世界で最も素晴らしい世界遺産のいくつかがあっても、驚かれないでしょう。ヨーロッパは、歴史を通じて重要な役割を果たし、自らを経済および政治の大国として確立してきており、その史跡は大切にされる遺産です。

何百万人もの旅行者が、スペインのアルハンブラ宮殿やポルトガルのアルコバッサ修道院のような象徴的な場所を訪れることを期待して、ヨーロッパに来ます。どちらも世界遺産で、温暖で魅力的な国にあります。世界遺産は、文化的・歴史的・科学的重要性によってユネスコに選ばれた史跡や地域です。南欧には168ヶ所、西欧には131ヶ所、北欧には36ヶ所、東欧には合計77ヶ所あります。

2021年以降にヨーロッパの世界遺産を訪問したい渡航者は、ETIAS渡航認証に申請しなければなりません。このビザ免除制度は、オンラインから申請することで簡単に取得できる渡航認証です。ETIAS渡航認証は、この地域の安全を改善するための保安対策です。

ユネスコは注意深く世界遺産を選んでおり、それぞれの史跡や地域は特定の要件を満たさなければなりません。世界遺産は、人類への貢献によって選ばれた場所なので、本当に訪れる価値のある場所です。

ヨーロッパのすべての世界遺産を1回の旅行で回るのはほぼ不可能ですが、このサイトではヨーロッパで最も美しい世界遺産トップ10を選びました。

モン=サン=ミシェルとその湾

モン=サン=ミシェルとその湾(フランス)

フランス。岩がちな小島の上に、ベネディクト会のゴシック様式の修道院が立っています。大天使ミカエルをまつって11世紀から16世紀にかけて建設されたものです。「モン=サン=ミシェルとその湾」は1979年のユネスコ世界遺産に登録されました。パリから3時間半で行けるところにあり、世界中の人々を引きつけています。多くの人がこの湾を歩いて渡り、その多様な生態系を感じています。

アルコバッサ修道院

アルコバッサ修道院(ポルトガル)

ポルトガル。この素晴らしい修道院は、1989年にユネスコ世界遺産に登録されており、シトー修道会の美しい建物の一例です。この修道院には今でも中世の建物があり、中にはほぼ900年前に建てられたものもあります。この修道院は、ポルトガルが建国された頃に、ポルトガルの初代国王であるアフォンソ1世によって建設が始められました。リスボンから北に行った所にあるので、リスボンの街を旅しながら、ポルトガルのおもてなしを楽しんでください。

プリトヴィツェ湖群国立公園

プリトヴィツェ湖群国立公園(クロアチア)

クロアチア。プリトヴィツェ湖群国立公園は、1979年にユネスコ世界遺産に登録されたクロアチアで最も古い国立公園の1つです。この公園には300平方キロメートルに届くほどの広さがあります。この息を呑むような国立公園には、毎年100万人以上の人が訪れており、階段状になった滝と澄んだ水のとりこになっています。公園内では、水の流れに沿って16の湖がつながっています。

チンクエ・テッレ

チンクエ・テッレ(イタリア)

イタリア。イタリアン・リヴィエラとも呼ばれるイタリアのリグーリア海岸にあるチンクエ・テッレは、海岸線に広がる5つの小さくて特徴的な村から構成されています。時間の流れの中で、人々は海を見渡せる急峻な崖の上に住宅やテラスを建設してきました。モンテロッソのアンチョビなどの地元の料理も有名で、わざわざ食べに行く価値があります。

アルハンブラ宮殿

アルハンブラ宮殿(スペイン)

スペイン。グラナダという華やかな街にあるアルハンブラ宮殿は、イスラム文化の影響を受けたスペインの複雑な歴史を示すものです。アルハンブラとは、アラビア語で文字通り「赤い城」を意味します。実際に、アルハンブラ宮殿は赤みがかった壁が特徴で、遠くからでもそれを眺めることができます。この壮大な宮殿は、ダロ川を左に見るアル・サビカの丘の頂上にあり、長い時代を生き延びてきました。

アテナイのアクロポリス

アテナイのアクロポリス(ギリシャ)

ギリシャ。アクロポリスは、古代から続く驚くべきアテネの街に、何百年も前に建てられました。 この古代の城塞は、現代にも続く歴史的・建築的重要性を持つ古代の建物で構成されています。最も有名な建物は、パルテノン神殿です。それはギリシャ文明の遺産であり、訪れるべき驚異的建造物です。

ブダペスト

ブダペスト(ハンガリー)

ハンガリー。ドナウ河岸、ブダ城地区、アンドラーシ通りを含むブダペストの街は、世界遺産に指定されました。この街には、歴史上の様々な時期に建設された大規模な建築物があります。 世界で最も傑出した都市景観の1つです。

クラクフ歴史地区

クラクフ歴史地区(ポーランド)

ポーランド。13世紀のクラクフは、ヨーロッパ最大の交易都市でした。クラクフ歴史地区は、ポーランドのかつての首都であり、歴史的な住宅・宮殿・教会などが数多くある場所で、これらの建物には精密で魅力的な内装がほどこされています。

プラハ歴史地区

プラハ歴史地区(チェコ共和国)

チェコ共和国。プラハの歴史地区は、ヨーロッパで最も美しく緻密な場所の1つです。この街は中世に重要な位置付けを占めていた場所で、建築の多様性とスタイルがここにしかない調和を生み出しています。この世界遺産は、旧市街、マラーストラナ地区、新市街から構成されています。

バチカン市国

バチカン市国

キリスト教徒にとっても、そうじゃない人にとっても、バチカンはとても特別な行き先になりうる場所です。ここには、世界で最も有名かつ特別な芸術界の傑作があります。バチカンには、サンピエトロ大聖堂やシスティーナ礼拝堂がある他、美術館もいくつかあります。

当社のウェブサイトを使用することにより、当社はクッキーポリシーに同意します。 ここをクリック,もっと知るには 同意する