ベルギーETIASビザ免除

ETIAS 申請

現在、日本人はEUへの訪問にビザは不要です。その上いったんシェンゲン圏に入国すると、日本人旅行者は厳しい国境管理なく大陸全土のほとんどを自由に移動することができます。

しかし、2022年にはこのシステムは変わります。ベルギーに渡航したい日本人はベルギー ETIAS ビザ免除が必要となります。これはシェンゲン圏を構成しているすべての国に当てはまります。

欧州渡航認証制度ETIASはビザ免除プログラムで、シェンゲン圏の国境を強化することを目的としています。そのために欧州に入国、渡航したい日本人を含むすべてのEU域外からの訪問者の記録を保持して事前審査をします。

ETIASはベルギー到着前にすべての申請者を審査します。日本人旅行者は、ベルギー ETIAS承認後に、最長90日間シェンゲン圏全土を自由に移動することができるようになります。

追加される審査を除けば、これは現在実行されているシステムとよく似ています。しかしこの審査はベルギーだけではなく、シェンゲン圏内のすべてのEU加盟国に対して必要なことを覚えておきましょう。

EUの中のベルギーの役割は?

ベルギーは西ヨーロッパにあります。ベルギーの公用語は3言語あり、オランダ語、フランス語、ドイツ語が話されます。首都はブリュッセルでNATOと欧州連合の本社があります。

ベルギーは世界経済がしっかりしており、通貨はユーロを使っています。ベルギーは欧州連合を立ち上げた最初の国のひとつで、1995年にシェンゲン圏に加入しました。

シェンゲン圏は26か国で構成されています。目的は、海外旅行者の管轄をひとつにまとめることです。この地域に入国すると、日本人旅行者は厳しい国境審査または度重なる入国審査なく旅行することができます。ベルギーはシェンゲン圏の一部なにで、ベルギー旅行者は他のどのシェンゲン諸国にも渡航することが可能です。

ベルギー渡航に日本人はETIASが必要となる?

システムが実行されると、非EU諸国の人はベルギー渡航前にETIASを申請しなければならなくなります。現在ヨーロッパにビザなしで渡航できる人も、2022年初めにはETIASが必要となります。

ETIAS ベルギーは、ベルギーやシェンゲン圏内の別の国に入国したいすべての申請者を管理します。日本人申請者が脅威ではないとみなされると、最長90日間までシェンゲン圏内を移動できるようになります。

ETIASによって、日本人は観光、ビジネス、医療、乗り継ぎを理由にシェンゲン圏全体を旅行できるようになります。欧州連合に渡航したい場合、ETIAS申請を必要とする国が現時点で60か国以上あります。

ベルギーETIASビザ免除

ベルギー ETIASのパスポートおよび必要書類

申請手続きは複雑ではありませんが、すべての文書を予め準備することは重要です。ベルギー ETIAS申請に必要なものは次の通りです:

  • 有効な日本のパスポート
    • パスポート番号
    • 発行日、有効期限日
    • 国籍
    • 到着予定日から最低3か月間有効であること
  • 簡潔な病歴
  • 教育・職歴
  • 以前訪問した戦争地域(あれば)
  • 犯罪記録(該当する場合)
  • 申請者が追放または拒否されたことのある国

未成年の場合、保護者が申請書を記入しなければならないことにご注意ください。加えて、EU市民の家族がいる人は関係証明、在留カード、その他背景詳細を提出しなければなりません。

日本人がベルギー ETIASを申請できる方法は?

ETIAS申請は簡単で料金も手ごろです。日本人申請者はWiFiアクセスを利用して、自宅でもどこからでも申請することができます。したがって大使館や領事館で予約を取ったり、列に並んで待つ必要がありません。

ベルギーのETIAS 要件を満たすと、申請手続きが始まります。これには10分ほどかかり、すべてオンラインで行われます。以下内容を申請書に記入してください:

  • 生体情報
    • 名・姓
    • 出生時の姓
    • 性別
    • 生年月日
    • 出生地
  • 国籍
  • 現住所
  • メールアドレス、電話番号
  • 到着時に入国するEU国名
  • 申請料の支払い

ベルギー渡航情報

ベルギーは中世の街とルネッサンス建築で有名です。首都はブリュッセルで、この地域の歴史の中心地として知られています。渡航者は欧州連合本社、NATO、堂々たる国会議事堂を目の当たりにするでしょう。

歴史好きな方は、ブルージュやゲントといった中世の街もいいでしょう。両都市にある河と13世紀に遡る建築物は、この旅を忘れられない経験にすることは間違いありません。アントワープはもうひとつの港都市で、その歴史は中世に遡ります。初期の世紀には、ダイヤモンド商人や研磨師が住んでいたダイヤモント地域の発祥地です。

甘い物が好きな人は、濃厚なベルギーチョコレートを味わいつくしたいと思うでしょう。この国ではワッフルやフライドポテトなどのストリートフードも有名で、両方とも見逃せません。もちろん、ベルギービールは旅行者が追い求める飲み物です。どれを選んでも、ベルギーを楽しめることは間違いありません。

当社のウェブサイトを使用することにより、当社はクッキーポリシーに同意します。 ここをクリック,もっと知るには 同意する