ポルトガルのETIAS ビザ免除

ETIAS 申請

ETIAS(欧州渡航認証制度)が2022年に施行されます。ポルトガルや他のシェンゲン圏の国に渡航するETIAS資格の国からの渡航者は、ポルトガルのETIASビザ免除を取得する必要があります。

オンラインETIAS申請はシンプルですべての手続きに数分しかかかりません。日本人申請者はフォームを記入して、クレジットカードまたはデビットカードを使って手数料の支払いをするだけです。申請には日本の有効なパスポートを持っている必要があります。

ETIAS ビザ免除は3年間有効で、日本人訪問者は最長90日間シェンゲン圏に入国することができます。ETIASによって、シェンゲン圏で過ごす合計日数が90日間を超えない限り複数の国に入国できます(180日の期間内)。

ETIASは国民と訪問者の両者のために、シェンゲン圏をもっと安全な場所にするように導入されます。最近、欧州の多くの都市がテロに攻撃されています。ETIAS登録手続きの間に申請者をスクリーニングすることで、潜在的な脅威の入国を防ぐことができます。

ポルトガル、EU,シェンゲン圏間の関係

ポルトガルは南ヨーロッパのイベリア半島にあります。北と東はスペイン国境に面しており西と南には943kmの大西洋の海岸線が伸びています。ヨーロッパ最古の国のひとつで、複雑で魅力的な歴史があります。

まだ欧州経済共同体(EEC)として知られていた1986年から欧州共同体(EU)加盟国です。美しい国で、ユニークでかわいらしい魅力があります

日本人渡航者としてETIAS ポルトガルを申請する方法は?

ETIAS 欧州をうまく申請するためには、日本人渡航者はオンライン申請書を記入する必要があります。基本のポルトガルETIAS 要件を満たし、クレジットカードまたはデビットカードを使って手数料を支払う必要があります。

ポルトガルへのETIASのオンライン申請には一通りの質問が含まれています。日本人申請者は名前、住所、生年月日、パスポート詳細などの情報を入力しなければなりません。承認されたETIASは電子メールで送信されます。

etias ポルトガル

ポルトガル ETIASの日本のパスポートと必要書類

ポルトガルのETIAS申請のために、申請者は一般ETIAS要件を満たす必要があり、資格がある国のパスポート保持者である必要があります。ETIAS資格がある国は、現時点で日本を含めて60か国です。

ETIAS ビザ免除は、申請者のパスポートが有効期限切れになると無効となります。ETIASはパスポート間で譲渡できないので、ETIASを更新する必要があります。パスポートを2通所持している人は、ポルトガル入国にはETIAS申請と同じパスポートを使用する必要があります。

ポルトガルの渡航情報

さまざまな理由から、ポルトガルは年間1,300万人の観光客を引きつけます。リスボンとポルトは両都市とも豊かな文化を持ち、都市部への観光にピッタリの絵のように美しい目的地です。アルガルヴェはビーチ休暇に人気の地域です。ポルトガルにはすばらしい島々もあります:マデイラ諸島とアゾレス諸島はまさに息を呑むような場所です。

ポルトガルには豊かな歴史があります。15世紀に始まった広大な植民地帝国があり、アメリカ大陸、アフリカ、アジアの領域も含まれていました。大西洋岸にあるので、探鉱や貿易の点でも非常に重要でした。

ポルトガルには誰でも楽しめる何かがあります。料理は絶品で、特にシーフードで有名です。すばらしい宮殿、歴史的な大聖堂、モダンなリゾート地、重要なランドマークがあります。

ETIASは人々が商用でも観光でもポルトガルを訪問できるようにします。別のポルトガル商用ビザはありません。別のシェンゲン圏から入国する際にポルトガル通過ビザも不要です(シェンゲン圏加盟国間では自由に移動ができるため)。

当社のウェブサイトを使用することにより、当社はクッキーポリシーに同意します。 ここをクリック,もっと知るには 同意する