スペイン旅行のためのETIASビザ免除

2021年から、欧州諸国に渡航する日本人にスペインのETIAS ビザ免除が必要条件となります。オンライン申請は簡単ですぐに完了できます。承認されるとスペインのETIASは電子メールで送信されます。

他の欧州諸国と同じように、スペインは近年テロのターゲットとなっています。ETIASはシェンゲン圏をより安全に旅行できるようにします。申請手続き中に申請者はスクリーニングされ、潜在的な脅威があるか見極められます。

スペインのETIAS ビザ免除3年間有効で、日本人訪問者は最長90日間シェンゲン圏に入国できます。スペインのETIAS申請書を記入するには、渡航者はビザ免除要件を満たし、クレジットカードまたはデビットカードを使ってETIAS手数料を支払う必要があります。

スペイン: EU、シェンゲン圏加盟国

スペインは西欧で2番目に大きな国で、人口は約4,600万人です。スペイン語が主要言語ですが、カタロニア語、バスク語、ガリシア語といった他の公用語もあります。

欧州連合(EU)創立国の1つで、シェンゲン加盟国でもあります。日本人旅行者は、太陽、美しいビーチ、おいしい食べ物、興味深い文化遺跡などの魅力をまとめて満喫できます。フランスに次いで欧州で2番目に最も訪問される国です。

etias スペイン

ETIAS スペインオンライン申請

スペインへのETIASのオンライン申請にはさまざまな質問が含まれています。日本人申請者は名前、住所、生年月日、パスポート詳細、渡航計画などの情報を入力しなければなりません。健康やセキュリティに関する質問もいくつかあります。

申請者はクレジットカードまたはデビットカードを使って手数料を支払い、申請書を提出する必要があります。承認されたETIASは電子メールで送信されます。日本人渡航者は、国境でスペインのETIASを提示して入国をすることができます。

スペインETIASのパスポート要件

ETIAS申請には、日本人渡航者はETIASの基本要件を満たし、資格がある国のうち1国の有効なパスポートを所持している必要があります。今後さらに追加される可能性がありますが、現在リストに上がっている資格がある国は60か国あります。

所持者のパスポートが有効期限切れになると、ETIAS ビザ免除も無効になります。この場合ETIASを再申請する必要があります。パスポートを2つ所持している人は、ETIAS申請と同じパスポートを使用してスペインに入国する必要があります。

スペインの渡航情報

スペインは何十年にも渡って北欧人の人気の観光目的地で、その評判は成長し続けています。スペインにはすばらしい海岸線がありますが、文化、気候、風景に関しても非常に変化に富んでいます。

スペインは西ヨーロッパで2番目に山の多い国です。ピレネー山脈やピコス・デ・エウロパなど素晴らしい山が並び、スキーやハイキングなどのアウトドアアクティビティのための魅力的な目的地となっています。

バルセロナはスペインで最も訪問されている街です。多数の観光客が訪れ、ガウディのすばらしい建築物のほか、アートギャラリー、レストラン、博物館などを見ることができます。マドリード、ビルバオ、グラナダも独特な魅力があります。

観光のほかに、ETIASはスペインの商用ビザのように機能するため、ビジネス目的でスペインを訪れることもできます。シェンゲン圏に入ると、渡航者は加盟国間を自由に移動することができます。つまり別のシェンゲン圏からスペインを通過するための通過ビザを取得する必要がないということです。

当社のウェブサイトを使用することにより、当社はクッキーポリシーに同意します。 ここをクリック,もっと知るには 同意する